読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple IDを移行する方法はないが代替手段はある。

最後に「まとめ」があるので、最終的に参考にするかどうかは「まとめ」を見てからご判断ください。焦って手順を参考にして操作すると、期待と異なる結果になる可能性があります。

やりたいこと

 これまで法人用Apple IDを使ってアップルのサービスを利用していた。支払いに使うクレジットカードも法人用なので、経費精算をするときに個人利用と法人利用を仕分けるのが面倒。個人用Apple IDを作り、これまで個人利用していたサービスや購入したアプリはすべてこのIDへ移行したい。

簡単な解決策

支払い方法を個人クレカへ変更すれば解決。法人利用があったときだけ、個別に経費精算すれば良い。

そもそもの経緯

この法人用Apple IDだが、もとは個人用Apple IDである。法人になった際に、以下の理由で法人用とした。

  • Apple Developer Programを法人に切り替えたい

新しくApple IDを作って改めて登録すればよかったのだが(公開しているアプリもなかったし)、法人移行が可能ならそっちのほうがいいのかなと思って移行を選択した。

分けられるのであれば分けたい

結論としては「簡単な解決策」で一応は解決するのだが、なんとなく気持ちが悪くできればきっちりと分けたい。いろいろと試行錯誤した結果を書いていく。

前提条件

まずは前提条件から。使用サービスや移行したいアプリについて。

  • Apple Music
    プレイリストとかライブラリに登録した曲とか全部移行したい
  • iTunes Match
  • 過去に購入した楽曲
  • iCloud
  • カーナビタイム
  • 過去に購入したアプリ

検証した環境や端末について。

試したことなど

kazunoblog.com

こちらのサイトを参考にして、まずはファミリー共有。Apple Musicもファミリーメンバーシップへ変更。iCloudは新しく個人Apple ID用に作成&50GBプランに加入。

  1. 法人Apple IDでファミリー共有(自動的に管理者)
  2. 個人Apple IDを上記のファミリー共有のグループへ追加
  3. iPhone5Sを個人用Apple IDに切り替え
  4. Apple Musicのライブラリは共有できないことが判明!
  5. アプリはもちろん共有できたが、個人用Apple IDへの移行はできない
  6. Apple Musicのライブラリ移行ができないことに凹み、上記サイトのiTunes Match再契約を行う前に挫折
  7. 当然、Apple Musicの楽曲で作成したプレイリストも移行できない
  8. ここまででかかった費用は、Apple Musicの1251円(日割りされた)、iCloudの130円
  9. iCloudの移行は、手動でデータ移行という形で解決

いったん諦めて、「簡単な解決策」で自分自身を納得させた。

iCloud移行について

写真ぐらいしか使用していなかったので*1、以下の方法で移行した。

  1. iPhone5C(法人用Apple ID)で、[設定] > [iCloud] > [写真]から「オリジナルをダウンロード」を選択して端末に写真を保存する
  2. 保存しきれたかどうかはどうやって判別すればいいのかわからないけど、この後に[設定] > [iCloud]からiCloudApple IDを個人用に切り替える
  3. 勝手にiCloudへアップロードしてくれる
  4. ロストすると困るような写真がある場合は、やはりいったんすべてPCへ保存してWebのiCloudからアップロードしたほうが確実

その他、KeynoteのファイルがiCloud Driveにあったので、これらはPCにダウンロードしてから個人用のiCloudへアップロードした。

 再挑戦

Appleへ問い合わせてみることにした。結果としてわかったことは以下の通り。

  • アプリの移行はできない
    家族間で共有などの不正を防ぐためらしい(そのためにファミリー共有ができたのだろう)
  • Apple Musicの移行もできない
  • Apple Music&iTunes Matchは解約して再契約

これらのことを踏まえて実施した内容について。

  1. Apple MusicとiTunes Matchは即日解約してもらった(日割り計算で返金手続きしてくださった)
  2. 個人用Apple IDでのApple Musicはすでに登録していたので、iTunes Matchだけ再契約した
  3. カーナビタイムについては、法人用Apple IDでの契約が切れたら改めて個人用Apple IDで再契約する予定
  4. 過去に購入したアプリは、移行ができないので諦める(法人用Apple IDの端末で使えるので割り切る)。でも端末に残っているものは使えるっぽい?*2

iTunesでやったこと

  1. 個人用Apple IDでサインインし直し
  2. コンピュータの認証をやり直し([アカウント] > [認証] > [このコンピュータを認証...])
  3. Apple Musicで楽曲をライブラリに追加
  4. 以下のダイアログがでるのでライブラリを統合を選択する(もしかしたらさらにダイアログでたかも。スクリーンショット取るために、認証解除してサインアウトしたので初回とは異なる可能性あり)

    f:id:jupitrisonlabs:20160927144420p:plain

  5. 法人用Apple IDで購入した楽曲は引き続き使えるみたい
  6. 法人用Apple IDで購入したアプリがライブラリに表示されるが、アップデートするには法人用Apple IDが必要

Apple Musicの引き継ぎができなかったのは残念だったが、おおよそは移行できた気がする。ただ、ライブラリに法人用Apple IDのものが表示されていることが気になる。

ライブラリの調査

いろいろぐぐってみたところ、どうやらライブラリ自体は法人用Apple IDのものを参照しているようだ。

love-iphone.net

こちらの記事を参考に、個人用Apple IDのライブラリを新規作成する。するとライブラリ上のアプリは綺麗サッパリ消滅、楽曲も同じく綺麗サッパリ消滅。端末側は影響なし。

購入した曲については、以下の方法でiPhoneからiTunesへ戻すことができた。

  1. iTunesで「ミュージック」を選択
  2. [ファイル] > [デバイス] > [購入した項目を"端末名"から転送]

ただ、法人用Apple IDで購入したものを個人用Apple IDで使用できることに問題があるのかどうか不明*3iPhoneiTunes Store/App Store、ミュージックで表示できるアカウント、iTunesのアカウントともに個人用Apple IDであることは確認しているので、どこかが法人用Apple IDのままということはなさそう。ファミリー共有とかいろいろやったことが原因なのかも?

iTunes Matchに登録してある曲が転送できていない。iTunesの環境設定を見てみたら「一般」の中に「iCloud ミュージックライブラリ(サインイン中のApple ID)」という項目があって、そこにチェックを入れたらライブラリと同期された。プレイリストも同期された。購入した曲が転送できたのも、iCloudミュージックライブラリに入っていたから?

楽曲についての移行は、以上で問題なく終わったようだ。なお、手動登録したアルバムアートワークは移行できていたりできていなかったりする。こちらに関しては、登録したPCによるのかもしれない。表示されるアルバムアートワークは、今回の作業で使用したMacで登録したから表示されているとか。

アプリについては転送されず。手動でApp Storeから取り直せば良いのかな?一応、以下の方法を試す。

  1. ipaファイルの格納されているディレクトリをコピー
    コピー元:/Users/ユーザー名/Music/iTunes/iTunes Media/Mobile Applications
    コピー先:/Users/ユーザー名/Music/iTunes Personal/iTunes Media/Mobile Applications(個人用Apple IDのために作った新しいライブラリ)
  2. iTunesから[ファイル] > [ライブラリに追加...]を選択して、コピー先ディレクトリを指定する
  3. アプリがライブラリに取り込まれる

でも、デバイスのAppを表示したときに全部削除となりインストールは不可能。ちゃんと確認していないので、もしかすると端末へインストール済みのアプリしか表示されないのかもしれない。

iTunes上で、法人用Apple IDでサインインし直した後、App Storeの購入済みからすべてをダウンロードする。購入したApple IDであれば端末へ転送可能のようだ。

以上を踏まえると、やはり購入*4に使用したApple ID以外で再インストールはできないので、ライブラリの作り直しは不要なのかもしれない。

まとめ

結論として支払い方法を法人と個人で分けることは実現できた。以下は、今回のやりたいことを実現する上でわかったことなど。

  • 異なるApple ID間でアプリの移行はできない(アップデートもできない)
    今回の例だと、法人用Apple IDで購入したアプリは、個人用Apple IDを使って端末へインストールできない。iTunesは法人用Apple IDでサインイン、iPhoneは個人用Apple IDでサインインしている状態で、iTunesからアプリをインストールすることは可能。
    ※ 規約的に問題ないのか要確認
  • Apple Musicは異なるApple IDへ移行できないので、以前のApple IDは解約&新規のApple IDで再契約になる。Apple Musicで取得した楽曲やプレイリストは引き継げない
  • iTunes MatchもApple Musicと同様
    iTunes Matchに登録していた曲は、再度アップロードをやり直す必要がある
  • 購入した楽曲は、iPhoneに残っていれば新規Apple IDへサインインし直しても引き続き聴くことが可能*5。また作業したPCに実体ファイルが存在すれば新規Apple IDでサインインしているiPhoneへ転送可能
    ※ 規約的に問題ないのか要確認
  • iTunesのライブラリは作り直す必要ない
  • 月額課金アプリは、契約が切れた後に新規Apple IDで再契約
  • iCloudは新規Apple ID用に新規登録し、以前のApple IDからデータを手動で移行

赤字の要確認事項についてはAppleへ問い合わせてみたいと思う。アプリはアップデートのたびに購入に使用したApple IDのパスワードを求められる。

今回の事例のように、一部を別のApple IDへ移行するという要件はまれかもしれないが、どなたかの参考になれば幸いだ。

追記

規約に関する問い合わせを行った。以下の記事に内容をまとめている。

 

jupitrisonlabs.hatenadiary.jp

*1:そもそも写真とアプリで端末の容量を逼迫していたので、仕方なくiCloudの50GBを契約

*2:有識者Appleの方の見解がほしいところ

*3:有識者Appleの方の見解が欲しい

*4:無料も含む

*5:これはアプリも同じ