読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EclipseからGradleを実行する

最近、Groovyに興味を持ちまして、なるべく簡単なツールはGroovyで作るようにしています。いずれはEnterprise向けのシステム構築にGroovyを使いたい!

で、GroovyのビルドにGradleを使っています。今回は、EclipseからGradleを使ってビルドする方法をご紹介します。なお、Gradleのインストールについては、公式サイトをご参照ください。公式サイトでなくても、いろんなサイトで紹介されているので、難しくないと思います。

まずは、どこか適当な場所にプロジェクト用のフォルダを作り、その中にbuild.gradleファイルを作っておきます。

$ mkdir gradle-app
$ cd gradle-app
$ touch build.gradle

build.gradleは、下記の設定を記述しておきます*1

apply plugin:'groovy'                                                                                                                             
apply plugin:'eclipse'

eclipseClasspath.variables = [ GRADLE_REPO: file(System.properties['user.home'] + '/.gradle/cache') ]

repositories {
    mavenCentral()
}

dependencies {
    groovy 'org.codehaus.groovy:groovy:1.8.6'
    testCompile 'junit:junit:4.10'
}

def defaultEncoding = 'UTF-8'

compileJava {
    options.encoding = defaultEncoding
}

compileTestJava {
    options.encoding = defaultEncoding
}

compileGroovy {
    groovyOptions.encoding = defaultEncoding
    options.encoding = defaultEncoding
}

compileGroovy {
    groovyOptions.encoding = defaultEncoding
    options.encoding = defaultEncoding
}

gradleコマンドでEclipseプロジェクトに変換します。変換したあと、Eclipseにインポートしておきます。

$ gradle eclipse

さて、前置きと準備が長くなりましたが、ここからが本題。EclipseのExternal Tools Configurationsを利用して、EclipseからGradleを使ってビルドできるようにします。

  1. Run -> External Tools -> External Tools Configurations
  2. Programを選択して、"New"アイコンをクリック
  3. NameにGradleを入力(名前はなんでもいいです)
  4. Locationに、Gradleの実行ファイルを指定(たとえば、/usr/local/gradle-1.0-rc-3/bin/gradle)
  5. Working Directoryに、${project_loc}を入力
  6. Argmentsに、${string_prompt}を入力


これでGradleを使ったビルドができるようになりました。Runを押すとプロンプトが表示されるので、Gradleで使えるTask(たとえばbuild)を入力してOKを押してみましょう。結果が「BUILD SUCCESSFUL」になれば完了です。以後、いろんなGradleを利用したプロジェクトに利用できるでしょう。

さて、がんばってGroovyを習得するぞー!

*1:技術評論社のプログラミングGroovyを参考にしています