読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JSONIC + Slim3 + GAE/JでRESTサービスを構築する方法 Part1

Java Slim3 GAE/J JSON 連載

JSONIC + Slim3 + Google App EngineRESTサービスを作ることができたので、Eclipseを利用した環境構築手順でも紹介しようかなと。ちなみに、Slim3やGAE/Jが提供しているEclipseプラグインには頼らず、全部Mavenで管理する手法で*1。長くなりそうなので、記事をいくつかに分けて書こうと思います。

まずは簡単に、それぞれのアーキテクチャについて説明。

JSONIC
Java用のJSONエンコード/デコードライブラリ。今回は、JSONICが提供しているRESTサーブレットを利用する。
Slim3
Google App Engine/Javaのために作られたMVCフレームワーク。GAE/Jで使うことを目的*2としているため、非常に軽量なところがウリだそう*3
Google App Engine
Google社が提供する、ウェブアプリケーション向けSDK。当初はPythonのみの提供だったが、2009年にJavaへの提供も開始。データベースは、BigTableというGoogle謹製のデータベースシステム。GAEのドキュメントを見ると、JDOやJPAを使ったアクセスを推奨しているが、今回はSlim3を使ってBigTableにアクセスする。

で、結局ダウンロードしてインストールしておくものは、

  • JDK1.6
  • Eclipse3.6(3.7でもいいかもね)
  • Maven2.2.x系(または3.x系。自分のMacは3.0.3です)
  • Google App Engine SDK1.6.0(最新は1.6.1だが、記事で使用するmaven-gae-plugin0.9.2の対応状況が1.6.0なので)

でいいと思います。あとは、Mavenを使って管理するため。
記事中で、さらにダウンロードが必要になったら、ここに追記したいと思います。

次回は、Eclipse用のMavenプロジェクトを作成して、JSONIC + Slim3 + GAE/Jを使えるように設定する方法を説明したいと思います。

*1:たぶん、プラグインは使ってないはず。使っていたらごめん・・・

*2:当初はSeasar2後継だったはず

*3:最初はSpring Frameworkを考えていたけど、いろんなブログを見ていてSlim3を見つけた