読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneアプリ開発向けに3冊の本を購入。

書籍 ソフトウェア開発

じり貧にも関わらず、新たに3冊も購入してしまった。

iPhone SDK開発のレシピ

iPhoneアプリ開発についてのおおよその流れは「iPhone SDKの教科書」で掴んだので、次なる一冊として。
著者のブログにもアプリの作り方がわかったけど、次はどうすればいいかわからん人向けって書いてあるしさ。

アプリの作り方や Objective-C の概要はわかったけど、この後どうすりゃいいのかわからん?!というレベルの方を対象にしています。

iPhoneSDK 開発のレシピという本が出ました

出版社の書籍紹介を見た限り、内容的にも結構おもしろそう&値段の安さに惹かれた*1
iPhone SDK開発のレシピ ――113個のレシピで学ぶiPhoneアプリ開発の極意|書籍情報|秀和システム
[rakuten:book:13612928:detail]

Mac OS X Cocoa プログラミング 第3版

下の記事を書いたあと、Mac用アプリも作ってみたいなあと思い始めて買ってみた。
MacOS X(Snow Leopard)用の2chブラウザ。 - Jupitris on Laboratory
CocoaObjective-Cでアプリを作ることについてはiPhoneも同じだしさ。
それにしても、CocoaObjective-Cについて書かれた本ってほんと少ないね・・・。
開発者の絶対数Windowsに比べて少ないから、しょうがないんだろうね。
[rakuten:book:13362512:detail]

OpenGLの神髄

OpenGLで作るiPhone SDKゲームプログラミング」を読み進めていくうちに、もっとOpenGLが知りたくなったんだけど、赤本にいきなり手を出したら挫折しそうだし*2、まずはこの本でOpenGLの外郭を把握してみようかと。
amazonでの評価が割れているところが気になるなあ。でもまあ、読んでみないことにはわからん。
[rakuten:book:12692177:detail]

*1:それでも2,520円するから、一般書籍に比べると高いよね

*2:なにより値段が高い・・・